たくやの投資ブログ

大学生投資家のたくやが勉強したことや運用実績などを公開しています

仕訳の手順

たくやです。

今回は、仕分けに関して書いていきます。

 

f:id:takuya03:20181212225038j:plain

 

 

仕訳とは

 仕訳とは、取引を「借方」と「貸方」に分けて記入することです。

簿記をする上では基本になる部分です。

 

貸借対照表損益計算書を作るためには、取引を仕訳してから転記する必要があります。

 

簿記で記録する取引は、「簿記の5要素」が変動することです。

つまり「資産」「負債」「純資産」「収益」「費用」の増減です。

 

借方と貸方の分け方

左を借方(かりかた)、右を貸方(かしかた)と呼びます。

f:id:takuya03:20181212162146p:plain

 

 

実際に、仕訳を行おうとすると取引を記入するときに「借方、貸方どっちだっけ?」と迷うことがよくあります。

 

資産……増えたら貸方(右)、減ったら借方(左)

負債……増えたら借方(左)、減ったら貸方(右)

純資産…増えたら貸方(右)、減ったら借方(左)

収益……増えたら貸方(右)、減ったら借方(左)

費用……増えたら借方(左)、減ったら貸方(右)

 

この5つを覚えていきましょう。

勘定科目

「簿記の5要素」は大きなカテゴリでその下に小さなカテゴリ分けがあります。

この、小さなカテゴリのことを勘定科目といいます。

勘定科目は本来、帳簿をつける人間が自由に決めるものですがここでは日照簿記3級に準拠したものを見てみましょう。

資産

負債

  • 借金
  • 買掛金

純資産(資本)

  • 資本金

収益

  • 受取利息
  • 受取手数料
  • 商品販売益

費用

  • 給料
  • 支払家賃
  • 支払手数料
 
こんな、カテゴリです。
 

仕訳の例

次の取引を見てみましょう。

 「現金で10,000円の商品を仕入れした」

 

使用する勘定科目は「現金」と「商品」です。

「現金」と「商品」はともに「資産」です。

 

 

商品が増える(資産の増加)→貸方(左)

現金が減る (資産の減少)→借方(右)

になります。

 

そこで、下のように金額と一緒に記入します。

借方 貸方
商品10,000 現金10,000

 

 

 

 

次の取引はどうでしょう。

「商品を現金10,000で売った」

 

前回と同じく

使用する勘定科目は「商品」と「現金」です。

「商品」と「現金」はともに「資産」ですね。

 

商品を売ったわけですから

現金が増える(資産の増加)→借方(左)

商品が減る (資産の減少)→貸方(右)

になります。

 

そこで、金額と一緒に記入してやるとこのようになります。

借方 貸方
現金10,000 商品10,000

 

 

まとめ

今回は、仕訳の手順についてまとめてみました。

  1. 使用する勘定科目を考える。
  2. 「簿記の5要素」を考える。
  3. 借方と貸方を考える。
  4. 金額一緒に記入する。

でした。

 

 

どうですか?

なんとなく掴めましたかね?

 

仕訳は、問題を解きながら慣れていくことが非常に重要です。

一度で完璧にしようとするのではなく、何度も復習するつもりで頑張りましょう。

損益計算書

たくやです。

今回は損益計算書についてです。

損益計算書は簿記の最終目標の1つです。

f:id:takuya03:20181212225038j:plain

 

損益計算書とは

 損益計算書とは、いくら使っていくら儲けたかがわかる表のことです。

 

損益計算書に書いてあるのは

どれくらい使ったか「費用」

どれくらい儲けたか「収益」

が書かれます。

P/Lと呼ばれることもあります。

 

借方と貸方で書く

損益計算書も、左右に分けて書きます。

左を借方(かりかた)、右を貸方(かしかた)と呼びます。

f:id:takuya03:20181212162146p:plain

 

借方には費用と貸方には収益

借方(左)には、費用を書きます。

貸方(右)には、収益を書きます。

 

 

この時、貸方から借方を引いたのが利益になります。

 

 

それでは、書いてある「費用」と「収益」について見てみましょう。

 

費用

費用とは簡単に言うと「必要な出費」と思ってもらえればいいです。

 

具体的に何かというと

  • 仕入
  • 旅費交通費
  • 支払利息

になります。

 

これらを左側の借方に記入します。 

収益

収益とは「儲け」と考えてください。

 

負債の具体例としては

  • 売上
  • 受取利息

があります。

 

これらを右側の貸方に記入します。

 

まとめ

今回は、新駅計算書についてまとめてみました。

損益計算書は借方と貸方からなり、左右に書きます。

費用は「必要な出費」で左側に記入します。

収益は「儲け」で右側に記入します。

 

それでは

貸借対照表

たくやです。

今回は貸借対照表についてです。

貸借対照表は簿記の最終目標の1つです。

f:id:takuya03:20181212225038j:plain

 

貸借対照表とは

 貸借対照表とは、どれくらいの財産があるが分かる表のことです。

 

貸借対照表に書いてあるのは

どれくらいの財産があるか「資産」

どれくらいの借金があるか「負債」

財産から借金を引くとどれくらい残るか「純資産(資本)」

が書かれます。

 

借方と貸方で書く

貸借対照表は、左右に分けて書きます。

左を借方(かりかた)、右を貸方(かしかた)と呼びます。

f:id:takuya03:20181212162146p:plain

 

借方には資産と貸方には負債と純資産

借方(左)には、資産を書きます。

貸方(右)には、負債・純資産を書きます。

 

f:id:takuya03:20181212234547p:plain

この時、借方の合計と貸方の合計は同じ金額になります。

 

左右が等しいバランスを保っているのでバランスシート(B/S)とも呼ばれます。

ちなみに画像は、私のマネーフォワードのバランスシートです。

 

それでは、書いてある「資産」「負債」「純資産」について見てみましょう。

 

資産

資産とは簡単に言うと「プラスの財産」と思ってもらえればいいです。

プラスなのであると嬉しいやつです。

具体的に何かというと

  • 現金
  • 建物
  • 備品
  • 貸付金

になります。

 

負債

負債とは「マイナスの財産」と考えてください。

マイナスなのでできれば、少ないほうが嬉しいやつです。

負債の具体例としては

  • 借入金
  • 買掛金

があります。

 

ここで聞きなれない言葉が出てきました。

「買掛金」とは商品をツケで買ったため、あとで支払いの義務が生じるものです。

 

純資産

純資産とは「事業の元手」です。

資本とも言います。

 

純資産の具体例は

  • 資本金

になります。

 

まとめ

今回は、貸借対照表についてまとめてみました。

貸借対照表は借方と貸方からなり、左右に書きます。

資産は「プラスの財産」で左側に記入します。

負債は「マイナスの財産」で右側に記入します。

純資産は「事業の元手」で右側に記入します。

 

それでは

借方と貸方

たくやです。

今回は簿記の中で基本となる借方と貸方の話です。

借方貸方はこの後の仕分けを行う上で非常に重要です。

f:id:takuya03:20181212225038j:plain

 

借方と貸方とは

複式簿記では、1つの取引を「資産・負債・純資産(資本)・費用・収益」という5項目で仕分けを行います。

この仕訳を行う仕訳伝票の、左側を借方、右側を貸方といいます。

 

借方と貸方の覚え方

借方(かりかた)と貸方(かしかた)は、なぜか左右が分からなくなります。

違いは「り」と「し」です。

f:id:takuya03:20181212162146p:plain

「り」は払い

「し」は払い

ですね。

 

つまり、借方は左、貸方は右と覚えましょう。

 

借方と貸方に書くもの

借方には、資産の増加費用の発生を書きます。

貸方には、負債・純資産の増加収益の発生を書きます。

 

例)

現金で5000円の消耗品を購入した場合

借方には、消耗品費5000円

貸方には、現金5000円

 

のように記入します。

今回の例では、「消耗品費」とは「費用の発生」になるので貸方に入ります。

また、「現金」は「資産の減少」になります。

「資産の減少」は「資産の増加」の反対になるので貸方に記入します。

 

まとめ

今回は、借方と貸方について書いてみました。

違いが「り」と「し」なので

「り」が左払い

「し」が右払い

で覚えましょう

簿記を復習しようと思います

おはようございます。

たくやです。

 

はじめに

実は、3年ほど前に遊び半分で簿記3級を取得しました。

片付けをしていたら、その時に使っていた問題集が出てきました。

 

中身を開いてみたら全然覚えてない。。。

 

そんなわけで復習してみようかと思います。

 

 

簿記や会計の知識は株を扱う以上どこかでしっかり勉強しなければと思っていました。

 

ちょうどいい機会だなとも思い

手始めに簿記からやってみようと思います。

 

 

 

勉強しながらブログにも公開していこうと思っているので、良かったら見てやってください。

f:id:takuya03:20181212225038j:plain

 

簿記ってなに?

今回は、簿記ってなんぞや?

 

ということだけまとめて終わりにしたいと思います。

 

 

簿記とは

「帳簿に財産や商品の売買の記録をつけること」

です。

 

 

たとえば、5000円の商品を仕入れした場合

「5000円の商品を仕入れた」

「5000円のお金が減った」

この二つを記録するわけです。

 

これらを繰り返すことで正確な帳簿を作ることができます。

正確な帳簿は効率的な投資判断の材料になります。

 

つまり、優良な企業の第一条件になります。

 

 

そして、年に1度、貸借対照表損益計算書を作ります。

簿記は、この二つを作ることを最終目標としています。

 

 

ちなみに、

貸借対照表は、どのくらいの資産があるかを表しています。

損益計算書は、1年間の収支を表しています。

 

 

まとめ

 

こんな感じで復習しながらまとめていきたいと思います。

それでは。

積立FXでリラを積み立てるとスワップはどうなるか?

おはようございます。

たくやです。

 

 

takuya-toushi.hatenablog.com

 

 先日こんな記事を書いたんですが、実際に積立を行っている通貨でもやってみようと思いリラでも書いてみようと思います。

 

たくやが使っている積立FXでランドを積み立てるとどうなるか考えてみたいと思います。

 

積立FXとは

積立FXとはSBIFXトレードとSBI証券で提供されているサービスです。

イメージとしてはレバレッジ付きの積立外貨預金を想像してもらえばいいと思います。 

私の記憶ではSBIFXトレードはレバレッジ付き外貨預金としてこのサービスを開始し、途中から積立FXと改名していたはずです。

 

詳しい記事はこちら

 

takuya-toushi.hatenablog.com

 

取引ルール

積立FXでは最大レバレッジは3倍までとなっています。

しかし、値動きの大きな高金利通貨である南アフリカランドトルコリラレバレッジ2倍となっています。

そこで今回は2倍のレバレッジでシミュレーションしてみたいと思います。

積立額は月に5000円にしてみましょう。

現在のところリラ円スワップは1日117ポイントです。

よって、スワップは月利ベースで計算することができます。

0.0117×30×21=0.0167142

となります。

シミュレーション

それでは、どの程度スワップが増えるのでしょうか。

 とりあえず3年間見てみましょう。

 3年間の積立総額は

3×12×5000=180000

18万円となります。

f:id:takuya03:20181210133148p:plain

3年間のスワップ累計は111222円になりました。

111222÷180000≒0.6179

よって3年間で約62.8%ほどのスワップが付くことがわかりました。

 

期間を変えてみましょう。

5年間ではどうなるでしょうか。

5年間の累計積立額は

5×12×5000=300000

30万円となります。

f:id:takuya03:20181210133223p:plain


5年間のスワップ累計は305610円になりました。

305610÷300000≒1.0187

よって、5年間で約101.8%ほどのスワップが付与されることになります。

 

もう少し、期間を延ばしてみましょう。

10年でどうなるでしょうか。

10年間の累計積立額は

10×12×5000=600000

60万円となります。

f:id:takuya03:20181210133252p:plain

10年間のスワップ累計は1212420円となりました。

1212420÷600000≒2.0207

よって、10年間で約202%のスワップが得られることになります。

 

 

 

まとめ

今回のシミュレーションはリラ円の変動の影響を無視して、スワップ利率のみを考えました。

もちろん、トルコの政策金利が変更になればスワップは変わりますからこの通りには行きません。

参考程度に考えていきましょう。

しかし、非常に夢がありますね。

5年間継続すればマイナスになることがないのは驚きです。

それでは。

積立FXでランドを積み立てるとスワップはどうなるか?

おはようございます。

たくやです。

 

 

takuya-toushi.hatenablog.com

 

 先日こんな記事を書いたんですが、実際に積立を行っている通貨でもやってみようと思いランドでも書いてみようと思います。

 

たくやが使っている積立FXでランドを積み立てるとどうなるか考えてみたいと思います。

 

積立FXとは

積立FXとはSBIFXトレードとSBI証券で提供されているサービスです。

イメージとしてはレバレッジ付きの積立外貨預金を想像してもらえばいいと思います。 

私の記憶ではSBIFXトレードはレバレッジ付き外貨預金としてこのサービスを開始し、途中から積立FXと改名していたはずです。

 

詳しい記事はこちら

 

takuya-toushi.hatenablog.com

 

取引ルール

積立FXでは最大レバレッジは3倍までとなっています。

しかし、値動きの大きな高金利通貨である南アフリカランドトルコリラレバレッジ2倍となっています。

そこで今回は2倍のレバレッジでシミュレーションしてみたいと思います。

積立額は月に5000円にしてみましょう。

現在のところランド円スワップは1日13ポイントです。

よって、スワップは月利ベースで計算することができます。

0.0013×30÷8=0.004875

となります。

シミュレーション

それでは、どの程度スワップが増えるのでしょうか。

 とりあえず3年間見てみましょう。

 3年間の積立総額は

3×12×5000=180000

18万円となります。

f:id:takuya03:20181208030915p:plain

3年間のスワップ累計は32467円になりました。

32467÷180000≒0.18

よって3年間で18%ほどのスワップが付くことがわかりました。

 

期間を変えてみましょう。

5年間ではどうなるでしょうか。

5年間の累計積立額は

5×12×5000=300000

30万円となります。

f:id:takuya03:20181208031209p:plain

5年間のスワップ累計は89212円になりました。

89212÷300000≒0.297

よって、5年間で約30%ほどのスワップが付与されることになります。

 

もう少し、期間を延ばしてみましょう。

10年でどうなるでしょうか。

10年間の累計積立額は

10×12×5000=600000

60万円となります。

f:id:takuya03:20181208031511p:plain

10年間のスワップ累計は353925円となりました。

353925÷600000≒0.5898

よって、10年間で約59%のスワップが得られることになります。

 

 

ちなみに、このペースで行くと8年7か月で月間スワップが5000円を超えるため、これ以降は入金をしなくてもスワップを元手に積み立てを行うことができます。

 

まとめ

今回のシミュレーションはランド円の変動の影響を無視して、スワップ利率のみを考えました。

もちろん、南アフリカ政策金利が変更になればスワップは変わりますからこの通りには行きません。

参考程度に考えていきましょう。

それでは。